2017/6/1からタイヤが値上げになります

2017年6月1日からタイヤが値上げされます

食品や家庭用電気料金などの値上げが続いていますが、6月1日からついにタイヤの値段が上がります。

タイヤの主要な原材料である天然ゴム、合成ゴムなどの原料価格が高騰しているためのようで、タイヤ製造各社は「生産性向上やコスト削減などの企業努力では、上昇の吸収は不可能」と現状を説明しているようです。

原因や理由は何であれ、タイヤを買う消費者の立場からすれば値上げは相当痛いです。

しかも、今回の値上げは平均して6~10%の値上げとなる見込みでタイヤ交換を考えている人は値上げ前に交換されることをおすすめします。

タイヤ交換はタイヤの値段が高ければもちろんですが、安くできることに越したことはありません。

タイヤを安く手に入れるには?

タイヤを安く手に入れる方法は、まずネットオークションなどで中古のタイヤを買う方法があります。
中古タイヤをうまく買えば、新品タイヤの半額以下でタイヤを買うことができます。

中古タイヤを買うときに注意しなければいけないのは、タイヤの状態です。
タイヤの残り溝が多ければ多いほどよいのですが、ひび割れはないか、片減りはしていないかをよく見るようにしましょう。

タイヤには、必ず製造年と製造週が書かれているので確認するようにしましょう。
タイヤウォールに”1523″などと書かれていて、この場合は2015年の第23週に製造されたタイヤということになります。

このタイヤの製造年週とタイヤの状態を確認して、できるだけ新しいタイヤを選ぶようにしましょう。

タイヤの保管状態にもよりますが、2年以内のものが安全です。

最近では持ち込みタイヤを格安で交換してくれるお店も全国的に増えてきているので、AUTOWAYなどで自宅の近くに交換してくれるお店があるか検索してみましょう。

中古タイヤは不安だ、安さよりも安心を買いたい人はという人は、ネット通販で安くタイヤが買えます。
中古タイヤと同じく、持ち込みでタイヤ交換をしてくれるので買ったタイヤを交換してもらいましょう。

タイヤ交換にかかる費用もディーラーと比較して半額程度でやってくれるお店が多いです。

さらに詳しく見る

安心車.jp

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告