家計の見直しは自動車から考えよう

意外と見落としがちな自動車の維持費

なかなか給料が上がらない時代の中で、家計を見直すことも多いかと思いますが、そんなときに見落としがちなのが自動車です。

今や自動車は1家に1台の時代で、あって当然と考えがちですが自動車にかかるコストを考えたとき、はたして自動車は必要と思えるでしょうか?

普段はあまり気にすることもありませんが、普通自動車の年間維持費を考えると、

自動車税39,800円
車検60,000円(2年に1回120,000円)
駐車場120,000円
ガソリン代120,000円
任意保険50,000円

で年間389,800円となり、1ヶ月あたりで考えると30,000円を超える金額となっています。

さらに、メンテナンス費用としてオイル交換やタイヤ交換にかかる費用などがあるので年間で軽く400,000円、1ヶ月あたり40,000円近くになる計算です。

自動車はたいへん便利なものですが、同時に非常にお金がかかる乗り物です。

維持するだけでもこれほどのお金がかかる上に、自動車自体の購入に新車だと数百万円もかかってしまいます。

しかも、その新車は納車されたその日から日々その価値は下がっていき、数百万円もしたものが10年も経ってしまえばその価値はゼロ、場合によっては廃車費用までかかってしまうこともあります。

自動車にかかるコストを見直すときに自動車保険の見直しをすることはよくありますが、今回は自動車の保有自体を見直してみます。

自動車を保有するにはイニシャルコストとして数十万円から数百万円、さらにその自動車を維持するために年間400,000円ほどかかってしまいます。

自動車を使わずに、タクシーを利用するとした場合に毎月40,000円分タクシーを
使おうとするとこれはなかなか難しいことです。

1,000円分を週に2度乗ったとしても、1,000円×2度×4週=8,000円程度です。

長距離の移動やレジャーなどにはレンタカーを利用するとしても週に1度10,000円かけてレンタカーを借りてもも40,000円となり、自動車を維持するランニングコストはと変わりません。
しかもこれは自動車を買うイニシャルコストもかかりません。

レンタカーも非常に借りやすくなっていて、分単位で借りられるものからネットから簡単に予約をすることができたり、車種も豊富に揃っていたりでとても利用しやすくなっています。
何より、洗車やオイル交換、車検などのメンテナンスの必要がないので楽チンです。

レンタカーは車種選びからその楽しみは始まっています。

毎回、いろんな車に乗るのも楽しいものです。

このようにレンタカーやタクシー、さらに電車などをじょうずに利用すれば、出先で駐車場を探しまわることもなく、乗らない自動車に無駄なお金がかかることもありません。

そろそろ自動車のない生活を考えてもいい時期なのではないでしょうか?

それでも自動車が必要だという人は、車も予算も自分好みに新車に乗ることができて、車検や税金もコミコミで支払いが毎月定額になるとてもお得なコスモ石油のカーリース スマートビークルというサービスもあるのでこういうサービスを考えるのもひとつかもしれません。

コスモ石油のサービスなので、もちろんガソリン(軽油)の割引サービスもあります。

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告