自動車を手放して維持費から開放されると

自動車の維持費は意外と高いです

持っているととても便利な自動車ですが、その維持費は意外と高く実際の維持費を計算してみるとそこまでの維持費を払ってまで持つべきものか考えさせられてしまいます。

今回はその維持費を計算してみて、自動車を所有することが自分にとって価値のあるものか考えてみます。

普通自動車1台を1年間維持するために必要な費用は概ねこのくらいではないでしょうか。

自動車税 39,800
任意保険 50,000
車検 60,000 120,000/2年に1回
駐車場 120,000 10,000/月
オイル交換 10,000 5,000/回×2回交換
合計 279,800

もちろん自宅にガレージがあれば駐車場代は必要でなくなるので、その分自動車の維持にかかる費用は安く済みますが、逆に考えると駐車場を借りている人は,、1年間自動車にまったく乗らなかったとしても年間120,000円を駐車場代として払わなければならないわけです。

この表にある項目は自動車の維持にかかる最低限の費用です。

走行距離が増えればその分のガソリン代が必要になります。ガソリン代だけでなく、走行距離が増えればタイヤやブレーキパッドの交換も必要になり、オイル交換の回数も増えます。

年間10,000km走行する場合のランニングコスト

具体的に年間10,000km走行する場合、ランニングコストはどれくらいになるのでしょうか。

ガソリン代 130,000 燃費10km/L、単価130円/L
タイヤ代 10,000 40,000/4本、40,000kmで交換
オイル交換 10,000 5,000kmで交換
合計 150,000


これを維持費とあわせると、なんと年間429,800円も必要になります。

オイル交換は維持費の計算ですでに算出しているので、それを差し引いても400,000円以上が必要になる計算です。

もちろん年間の走行距離が10,000km以下であればランニングコストは安くなりますが、10,000km以上走行する人はさらに必要になりますし、何より乗っても乗らなくても279,800円が必要になるのです。

わすれてはいけないのが自動車のイニシャルコスト

自動車を維持するために必要なのは自動車税や車検にかかる費用ですが、忘れてはいけないのが自動車を購入する費用です。

身内から譲り受けたりする場合は0円で済みますが、一般的に1,500cc~2,000ccクラスの普通自動車を購入するためには安く見積もっても200万円程度が必要になります。

200万円で購入した自動車を10年間で乗り換えると考えると単純に年間20万円となります。
これを考えると、年間10,000km走行する場合普通自動車の年間維持費は驚きの600,000円オーバーとなってしまいます。

残念なことに200万円で購入した自動車も10年後には査定もつかずほぼ0円となってしまい、これだけのお金を払ってまで維持するものか考えさせられてしまいます。

最近ではカーリースもいろいろ出てきています

車も予算も自分好みに新車に乗ることができて、車検や税金もコミコミで支払いが毎月定額になるとてもお得なコスモ石油のカーリース スマートビークルというサービスもあります。

コスモ石油のサービスなので、もちろんガソリン(軽油)の割引サービスもあります。

自動車を手放そうかも寄っている人は、今所有している自動車の買取価格を知って維持するかどうか考えてみるのもいいのではないでしょうか。

車買取サポーターの無料査定申込みプロモーション / エイド株式会社

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告