自動車免許は日本合宿免許予約センターの合宿免許でスピード取得するべき

自動車免許の取得にかかる費用

この春、高校を卒業して大学へ入学した人や就職して自動車免許が必要になった人などは、そろそろ自動車免許を取得しようと考えている時期ではないでしょうか。

特に大学生などの学生は夏休みなどの長期の休みを利用して自動車の運転免許を取得しようと計画している人も多いことでしょう。

自動車免許は今すぐに自動車に乗る予定がなくても一生持ち続けることができる資格なので、早いうちに取得しておくほうがいい資格です。また、社会人になると身分証明証が必要になる機会も増えるので、身分証としても使う機会も多くなります。

しかし、自動車の運転免許にかかる費用は年々高くなっており、2017年現在では普通自動車免許の取得にかかる費用は概ね25万円ほどになっています。

身分証代わりに25万円の費用を支払うのはもったいない話ですが、高齢になってから自動車免許が必要になって免許を取得しようとすると、ストレートで免許が取得できることはまずなく、この費用に補講や追試験などの追加費用がかかってくることになり、結局自動車免許の取得に30万円以上必要になってしまうケースもあります。

持っていて無駄になることのない資格ですから、取得するなら早い方が断然お得です。

自動車免許の取得には時間も必要です

教習所へ通いながら自動車免許を取得しようとすると、費用面では25万円ほどかかりますが、時間的な負担も相当なものとなります。

普通自動車免許を取得するためには、学科教習とよばれる学校の授業を受けるような形の教習と、技能教習とよばれる実際に自動車に乗って教習所内や一般道路を走行する教習があります。

所持免許がない人がAT(オートマチック車)限定の普通自動車の免許を取得するためには、学科教習を26時限、技能教習を31時限受講する必要があります。

MT(マニュアル車)の場合は学科教習はAT限定と同じ26時限ですが、技能教習が34時限となりAT限定より3時限多くなります。

一般的な教習所の1時限=50分なので、学科教習と技能教習を合わせると普通自動車免許を取得するためには教習所で50時間以上受講しなければならなくなります。

時間の負担も大きいですが、時間だけではなく教習所へ通うための交通費などの費用も必要になります。

教習所が自宅のすぐ近くにあれば交通費はかからずにすみますが、電車やバスで行かなければならないとなると教習所へ通うための交通費が必要になります。

自動車免許を取得するのも簡単ではありません。

合宿免許とは

自動車免許の取得はお金も時間も必要で、面倒だと思ってしまいがちですが一度取得しておくととても便利な資格です。

そんな便利な自動車免許は合宿免許で取得するのがおすすめです。

合宿免許とは、一定の期間宿泊施設に滞在し、自動車免許を取得するための教習を集中して受けることができるのが「合宿免許」です。

通学して免許を取得するのとは異なり、あらかじめスケジュールが組まれているので効率よく教習を進めることができるのが特徴です。

AT限定免許なら最短で14日間、MT免許でも最短で16日間から取得することができます。

みんなで一緒に楽しく共同生活する相部屋プランや、プライベートを重視したシングルやツインなどのプランから選ぶことができます。

もちろん食事も付いているので安心です。教習が休みの日には、ちょっとした旅行気分を味わうことができます。

交通費や宿泊費に加え、出発から帰宅までを補償してくれる国内旅行損害保険にも加入しているので安心して合宿に参加することができます。

一番気になるのは合宿に必要な費用ですが、こちらも通学で免許を取得するために必要な費用と変わらない25万円前後となっているのでまとまった時間が取れるのであれば断然合宿免許の方がお得です。

全国から合宿免許可能な激安教習所を紹介!【日本合宿免許予約センター】

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告