看護師の人材不足が深刻な状況に

少子高齢化によりさまざまな業界で起こっている人材不足

運送業界や飲食業界での人材不足はネットやニュースなどでたびたび取り上げられるほど深刻な状況となっていますが、医療の現場でも医師や看護師、薬剤師の人材不足が深刻な状況となっています。

多くの業界で人材不足は大きな問題となっていますが、医療業界での人材不足は人命に関わる問題でもあるので対策が急がれています。

国による看護師を確保するための対策

政府発表の資料によると、看護師や准看護師、保健師や助産婦など看護職員とよばれる職員は、平成25年末で全国に約157万人となっています。

税・社会保障一体改革における推計によると、団塊の世代が後期高齢者となる平成37年には、看護職員は現在の157万人をはるかに超える196万人~206万人が必要であるとされています。

看護職の就業者数は、年間平均で3万人程度増加していっていますが、今後もこのペースで増加するとしても平成37年には3万人~13万人が不足すると計算になります。

今後、必要とされる看護職員を確実に確保するため、厚生労働省では平成26年6月に公布された医療介護総合確保推進法に基づいて復職支援、離職防止・定着促進に取り組んでいますが大きな成果は見られません。

医療従事者のための環境整備

また、少子化による人口の減少や若い世代の職業意識の変化、医療ニーズの多様化に加え、必要な現場や地域に適切な医師が不在となる医師の偏在が起こっています。

これらを背景として医療機関における医療従事者の確保が困難な中、質の高い医療提供体制を構築するためには、勤務環境の改善を通してまず医療従事者が健康で安心して働くことができる環境をつくりあげることが非常に大切です。

このような中、厚生労働省内のプロジェクトチームや関係審議会等での議論を重ね、医療分野における「雇用の質」を向上させるための取り組みが進められ、平成26年10月1日には医療機関の勤務環境を改善に関する改正医療法の規定が施行されました。

病院やクリニックなどの各医療機関がPDCAサイクルを活用して計画的に勤務環境の改善に取り組むための仕組み(勤務環境改善マネジメントシステム)が導入されました。

厚生労働省では、各医療機関における勤務環境を改善するためのマネジメントシステムの導入による医療従事者の勤務環境改善の取り組みを支援しています。

勤務環境を改善するためのマネジメントシステムとは

勤務環境を改善するためのマネジメントシステムとは、病院やクリニックなどの各医療機関において医師や看護師、薬剤師、事務職員など幅広い医療従事者の協力のもとで、一連の業務過程を定めて継続的に自主的な勤務環境の改善を進めることで、快適な職場環境を形成し、医療従事者の健康増進と安全確保を図ることをいいます。

また、都道府県ごとに、勤務環境改善に取り組む医療機関を支援するために医療勤務環境改善支援センター次設置し、社会保険労務士などの医療労務管理アドバイザーや医業経営コンサルタントなどの医業経営アドバイザーが専門的・総合的な支援を行っています。

民間による転職支援サービス

国による施策とともにさまざまなニーズに応えるため看護師の就業支援をすすめる民間サービスも展開されています。
看護師として忙しい毎日を過ごしながら理想とする勤務環境を見つけ出すのは至難の業です。

看護師の転職を支援する転職エージェントを活用することにより、自分の欲しい情報収集や求人情報などを専門のエージェントから受け取ることができます。

国内トップクラスの転職支援サービスを手がけるジョブデポでは、簡単な経歴などを入力するだけで転職に関する相談をはじめることができます。

また、いろんな働き方の中から自分に合った働き方の提案や給与などの交渉など自分ひとりではできないこともエージェントがサポートしてるので安心してサービスを受けることができます。

看護師不足が深刻な状況になっています 実は今、日本は看護師不足が深刻な状況になっています。 国立社会保障・人口問題研究所の川越雅弘氏...

あなたの”理想の職場”が見つかる!【ジョブデポ看護師】

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告