看護師不足の今が理想の職場探しをするチャンスです

看護師不足が深刻な状況になっています

実は今、日本は看護師不足が深刻な状況になっています。
国立社会保障・人口問題研究所の川越雅弘氏による「看護師・介護職員の需給予測」にいよると、2025年には157万人もの看護師(保健師、助産師を含みません。)が必要になるといわれています。

それに対して、2010年の看護師の数は約138万人です。
あと12年で、日本は看護師の数をおよそ20万人増やす必要があるのです。
つまり、今後日本では深刻な看護師不足の状況が続くということです。

しかし、その深刻な看護師不足が現場で働く看護師の大きな負担になっているのも事実です。

2013年に日本看護協会から発表されたニュースリリースによると、2012年には常勤(正職員)で働く看護師の離職率は10.9%とかなり高い数字になっています。

正職員の看護師でさえ、10年以内に一度は転職を経験している計算になります。

看護師の転職理由TOP5

妊娠・出産 52.1%
結婚 49.4%
勤務時間が長い・超過勤務が長い 38.0%
子育て 37.7%
夜勤の負担 30.9%

(日本看護協会:2007年潜在ならびに定年看護職員の就業に関する意識調査)

また、勤務する環境的な理由としては、勤務時間の長さや夜勤の負担、上司との関係なども転職理由として上位を占めています。

このように、どの病院も深刻な看護師不足になっており、看護師の人数を増やしたがっている状況を考えると、看護師不足の今は自分が理想とする職場探しの絶好のチャンスともいえるでしょう。

看護師の転職をサポートする支援も充実

一方で、深刻な看護師不足と病院などの看護師の需要に対応するため、看護師の転職をサポートするサービスも充実し始めています。

全国12万件以上の事業所情報を保有する”看護のお仕事”サイトでは転職したい看護師と、看護師を新たに雇用したい病院との間に立ち、双方に向き合った形で看護師の転職支援を行っています。

転職を希望する看護師から見ると、面倒な求人に関する情報収集や面接の日程調整、給与などの条件交渉などを代行してもらえることで、忙しい毎日の中での転職活動を効率よくこなすことができるうえに、転職後の職場での関係をうまく保つことができます。

また、このような転職支援サイトを利用する大きなメリットとして、一般には公開されない、「非公開求人」と呼ばれる好条件の求人を紹介してもらえることもあげられます。

看護師を募集している病院にとっても、第三者による目線で求職者に対する評価を聞くことができるため、「マッチングがうまくいきやすい」「求職者に対してのアプローチが楽になる」など多くのメリットがあります。

人間関係や年収アップ、キャリアアップなど転職の理由はさまざまですが、多くの情報を持つアドバイザーへ相談してみることで新たな道が開けます。

少子高齢化によりさまざまな業界で起こっている人材不足 運送業界や飲食業界での人材不足はネットやニュースなどでたびたび取り上げられるほど...

転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告