猛暑の日の上着

連日の30度超え、猛暑です

はやいものですでに7月に入り、暑い日が続いています。

連日の30度超えは朝夕の通勤時間帯しか乗らないとはいえ、かなりのきつさです。

わたしはスクーターとはいえ、安全のためグローブ、長袖は必須と考えています。

通勤時は突然の雨に備えてレインウェアを着ています。
ですが、さすがに7月8月となると我慢できるものではありません。

ですので、この時期は半袖シャツでスクーターに乗っていますが、自分自身これはいけないことだと思いながら乗っています。

さて、どうしたものでしょう。

理想はメッシュジャケットなのでしょうが、どうも気持ちがのりません。

もっといいものがあるんではないか、簡単に妥協してしまっていいのか、なんて考えてしまい本日にいたっています。

そんな時、見つけましたよ。ワークマンのウインドブレーカーを。

これだ!と思いましたがすぐには買いません。そうです、もっといいものがあるのではないかという気持ちが残っています。

そんなこんなで数日がたち、改めてワークマンのウインドブレーカーを考えると、バイクの場合、風を通さないジャケットが基本だと思っていましたが、それは春、秋、冬の話であって、夏は風を通さなければ話にならないんじゃないかと気づきました。

当然ですよね。夏のくそ暑い中ナイロンのウインドブレーカーなんて、蒸し風呂です。ダイエットスーツですよ。
良かった、買わなくてと思っています。

しかし、わたしの夏の上着問題は振り出しに戻ってしまいました。

ついに究極の上着を見つける!?

そんなことを考えながら、今年の夏にふとジャージを着てバイクに乗りました。

ものすごく風を通して涼しい!!

黒色のジャージなので渋滞で止まると日光で熱くなってきますが、走り出すとものすごく涼しいです。

これですよ、これ。

夏の猛暑時の上着はジャージです。若干安全面に不安は残りますが、これが完璧です。

夏の上着問題も解決しましたが

夏の上着問題はこれで解決できましたが、夏のレインシューズ問題が解決できていません。

久々に通勤時に雨が降りそうだったので、長靴でバイクに乗ってみたのですがやはり蒸れますね。

雨が降ればましだったのかもしれませんが、先日は雨が降りそうで降りませんでした。

6月中はまったく気にならなかったのですが、さすがにこの暑さになると走り出して15分くらいたつと足が蒸れる感じがしてきて、30分も走るとかなり不快感が出ます。

しかし、どうすることもできずそのまま1時間走り続けました。

帰りは雨が降ったからか、朝より気温も低く不快感もなく帰ることができました。

夏場の雨が降りそうで降らなかった時にどうするかは課題ですね。



寒さ対策最強はハンドルカバー 7月の記事ではないと思いますが、これから必ず来る寒い冬の対策としてナックルガードがおすすめなので...
スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告