薬剤師の人材不足が深刻な状況に

薬剤師以外でもほぼすべての業界で人材不足が深刻な状況に

運送業、製造業など薬剤師に限らずほぼすべての業界で人材不足が深刻な状況になっています。

厚生労働省の発表資料によると、平成26年における全国の届出「薬剤師数」は288,151人となっており、その内訳は男性112,494人(39.0%)、女性175,657人(61.0%)となっています。

この結果から、届出薬剤師の数は前回と比べ8,099 人(2.9%)増加しています。また、人口10万対薬剤師数は226.7人と、こちらも前回に比べ7.1人増加しているのに、なぜ薬剤師は不足しているのでしょうか。

全国規模での薬局店舗数の増加や病院における病棟業務の進展などが大きな要因となって、深刻な薬剤師不足の状況が続いています。

薬剤師数を主に従事している施設・業務の種別からみると、「薬局従事者」は 161,198人(55.9%)「医療施設従事者」は54,879 人(19.0%)となっています。そのうち、「病院従事者」は48,980人(17.0%)、「診療所従事者」は5,899人(2.0%)となっています。

そのほか「大学従事者」は5,103人、「医薬品関係企業従事者」は43,608人となっています

また、薬剤師数を年齢階級別にみてると、30~39歳が73,470人(25.5%)と最も多く、次いで、40~49歳が68,511人(3.8%)となっています。

このように薬剤師の人材不足の中、その需要に応えるため薬剤師の転職を支援するサービスも始められています。

東証一部上場の大手調剤チェーンである日本調剤グループが運営している転職支援会社のファルマスタッフも薬剤師の転職を支援するエージェントです。

ファルマスタッフでは、薬剤師専任のコンサルタントを常時80名以上在籍し、公開求人数は79,000件以上を誇ります。

また、全国15ヶ所に営業所があり、全国規模で薬剤師の転職をサポートしています。

ファルマスタッフが選ばれる理由

薬剤師の転職支援17年の実績があります。
薬剤師の転職市場動向や転職成功のノウハウを蓄積しています。

実際に訪問して情報収集をしています。
実際に足を運び職場の環境を確認しているので、人間関係などの書類ではわからない情報も把握しています。

面接動向サービスも実施しています。
事前の対策はもちろん、面接にも動向して慣れない面接をサポートします。
さらに、質問しづらい給与など待遇面の交渉もコンサルタントが行うことで、就業後の人間関係を良好に保つことができます。

転職後も困ったことがあればコンサルタントがサポートしてくれるので、安心して転職活動をすることができます。

悩む前にまずは無料相談を受けてみましょう。

薬剤師の求人・転職ならファルマスタッフ

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告