毎朝、コップ一杯の水を飲むことの効果は?

コップ一杯の水

最近朝起きてから、コップ一杯の水を飲むようになりました。

暑くもなく、寒くもないので、常温の水でも飲みやすくなったのと、なんとなく良いと聞いていたのが気になって飲み始めるようになりました。

でも、飲み始めてみたものの結局何に良いのかわからないので、いろいろと調べてみました。

誰でも一度は聞いた事があるとか思いますが、人は寝ている間にコップ一杯程度の汗をかいているようです。

もちろん寝ている間は水分補給ができないので、朝起きたときの体はカラカラ状態です。

起きた時に喉が渇いたなと思うのは、どうもこの為のようです。

そのカラカラ状態の体に補給するのは、お茶でもジュースでもなく、水が一番。冷蔵庫で冷やしたものではなく常温の水が良いようです。

お茶やコーヒーなどカフェインが含まれるものは、利尿作用があり水分補給には適しておらず、ジュースのように糖分がふくまれているものも不向きのようです。

冬の寒い時期は、体を冷やさないためにも白湯が良さそうですね。

具体的な効果は?

<お通じがよくなる>
コップ一杯の水を飲むことによって胃腸は刺激を受け活発に動き始めます。胃に食べ物や飲み物が入ると、大腸が活発に動き出すのです。この反応が起こることによって、たまった便が移動して排便されるんですね。

便秘で悩まれている方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。ただしせっかく便意を感じても、我慢してしまってはダメです。便意を我慢してしまう事を繰り返すと排便刺激がなくなり、便秘を起こしやすくなってしまいます。なので、コップ一杯の水を飲んだ時は、トイレにいける時間の余裕を持っていた方が良さそうです。

<目覚めすっきり>
朝目が覚めたとき、交感神経は活発に働き始めます。それに対して、副交感神経はまだ眠っている状態です。コップ一杯の水を飲むことによって胃腸が刺激され、副交感神経のスイッチが入り、自律神経のバランスが整うようです。これならすっきりした目覚めで有意義な一日のスタートがきれそうですね。

<血液がサラサラになる>
寝ている間にコップ一杯程度の汗をかいているということは、それだけ体の中の水分が失われているということです。

ということは、水分がなくなっている分血液がドロドロになっている状態です。

コップ一杯の水を飲むことで、体に水分が補給され、それが血液をサラサラに保つことにつながります。血液がサラサラになると…体のすみずみまで栄養や酸素が行き渡り、新陳代謝がよくなり血流も良くなるため、もしかしたら肩こりや冷え性、むくみ、くすみなどの改善にもつながるかもしれません。

調べてみると、思っていた以上に嬉しい効果がありそうです。

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告