鼻の黒ずみ・つまり…原因と対策

これから季節は夏へ向います

ゴールデンウィークが終わり、朝晩涼しい日があるものの、昼間は結構暑くなってきました。

これからは汗をかく日がやってくるのかと思うと、気が滅入ってしまいます…。

わたしはどうもは夏が苦手です。

汗で体はベタつくし、食欲は落ちるし、そういう季節に気になるのが、鼻の黒ずみ・つまりなんですが、皆さんはいかがでしょうか?

わたしの鼻は、黒ずみ・つまり・毛穴の開き、全部揃ってます。全然嬉しくないですが。

正直なところ、ずっとパックなどのお手入れをサボってたんですよね。

気付いた時には、毛穴が開いていましたというわけで、今回は鼻のケアについてです。

鼻の黒ずみ、角栓(つまり)の原因は?

鼻の周りのザラザラの原因は、鼻の皮脂と古い角質が混ざった老廃物の汚れ角栓と呼ばれるものです。

鼻をつまむと出てくるあの白くてニュルっとした塊で、これはどうもたんぱく質のようで、肌の乾燥が大きな原因のようです。

これはすごく意外で、わたしの場合、鼻はベタベタしていて、乾燥しているとはとても思えないのですが…。

どういうことなのでしょうか?

肌が乾燥すると、自己防衛で皮脂を余分に分泌する

肌の乾燥により毛穴の角質が分厚くなり、皮脂が毛穴から排出できなくなります。

結果、悪循環で皮脂や角質が毛穴につまり、角栓になります。

本来、汚れても洗顔やターンオーバーでキレイに取り除かれるはずなのですが、なんらかの原因により毛穴の汚れが排出されず古い角質が毛穴に残ったままになり、そこに皮脂や汚れなどが混ざり合い、角栓ができあがってしまうようです。

頑固に居座っている角栓は、洗顔だけではなかなか落とし切れず皮膚に残ってしまいます。それが空気に触れて酸化し、黒ずみが出来上がってしまうのです。

どうしたら良いの!?

それでは日頃のケアはどうしたら良いのでしょうか?

角栓は見ているとついつい取り除きたくなってしまいますが、ビリっとはがすタイプのシートは、肌への負担が大きいようです。

わたしもつい最近まで使っていましたが、はがした後のシートを見るとすごくすっきりした気分になりますよね…。

洗顔のポイント

・毛穴に汚れや古い角質を詰まらせないようにキレイに洗い流す。

・肌を乾燥させない。

・クレンジングや洗顔のとき、こすらない。

・優しい洗顔料を選ぶ。

・クレンジングは短時間で終わらせる。

・熱すぎるお湯で洗わない。

・タオルで拭くときはポンポンとおさえるように拭く。

・毛穴や肌の汚れを落とすのはもちろんのこと、メイク汚れの洗い残しに気をつけましょう。

メイクを落とすときや洗顔するとき、ついつい強い力でこすってしまいがちですが、指で優しく洗うようにしましょう

薬指でクルクル洗うと、比較的弱い力で、細かい部分まで洗えるような気がします。

熱すぎるお湯で洗うと肌を乾燥させてしまいます。

ぬるま湯で洗い、最後に冷水で洗うと毛穴が引き締まるそうです。

まとめ

とにかく一番大事なのは、肌を傷つけないこと、乾燥させないことなのです。そして汚れはキレイに落とすことが非常に大切です。

ついついやってしまいがちなのですが、シャワーで顔をザッと流すのも肌には良くないのだとか。手ですくって洗うほうが良いようです。

目に見えてすぐに効果は出ないかもしれませんが、毎日の洗顔がキチンとできれいれば、そもそも角栓は防げるのではないかなと思います。

キレイな鼻を目指して、がんばりましょう!

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告