【厳しい】声優の世界を目指すならどうする?

声優のイラスト

声優の世界

最近、テレビで声優さんが出演しているのをよく見るので声優さんの仕事について調べてみました。

調べてみると、想像以上に厳しい世界であることがわかりました。

進撃の巨人や君の名はなど爆発的なヒットを生んでいる最近のアニメ業界ですが、このアニメブームの中声優を目指す人も少なくないようです。

しかし、声優への道のりはとても厳しくアニメの声優としてデビューするのは簡単なことではありません。

まず、声優としてデビューできることが難関なのです。

声優をの浪川大輔さんは、あるテレビ番組で世の中で声優を目指しているいる人は、30万人ほどいると言っていました。

そして、実際に声優として活動している人が1万人ほどで、声優の仕事だけて食べていけている人は300人ほどとのことです。

それほどまでに厳しい声優の世界ですが、声優としてデビューするだけでも大変です。当然のことながらで声優としての実力が必要で、最近では実力だけでなくアイドル並みの容姿や歌手並みの歌唱力やアドリブへの対応力など、声優として必要とされる能力以外の才能まで求められています。

また、声優としての実力を兼ね備え運良く声優としてデビューできたとしても、出演していたアニメがクール(一般的には3ヶ月)の終了と共に終わってしまうと、たちまち無職となってしまいます。

声優になると事務所に所属することになるかと思うので、事務所との契約によりますが声優としての仕事を失なうことに変わりはありません。

次のアニメ作品に出演するには、とてつもない倍率のオーディションを勝ち抜かなければなりません。

このように書くと声優の世界がとんでもなく厳しい世界のように見えますが、厳しい競争の中を生き抜いていくのは何も声優に限った話ではありません。

プロ野球選手やJリーガーなどのプロスポーツ選手なら当然のことで、プロと呼ばれる職業ではあたりまえのことです。端から見れば、アニメに合わせてセリフを言っているだけに見える声優は、一見誰でもできそうな気がしてしまいますが、できるのとやっていけるのとは大きな違いがあります。

想像以上に厳しい世界ですが

声優の世界は想像していた以上に厳しい世界ですが、厳しいからといってあきらめてしまう人はそれまでだったということで、これを読んでも西友になりたいと思える人は声優になる夢をあきらめずに声優を目指してほしいです。

将来、声優になって活躍することも可能性はゼロではありませんし、厳しい世界で生きていくのはとても充実した生活が待っているはずです。

声優になるためにはどうすればいい?

声優ともなれば、もちろん専門的な職業となりますので、全国には声優を目指す人たちが通う学校もあります。

そんな中でも、特に驚く特色を持っている学校が【インターナショナルメディア学院】
です。

この学校はドラゴンボールのベジータ役で有名な堀川りょう先生かが直接指導してくれるプロダクション直属の声優養成所です。

それだけでもすごいのですが、必ずテレビアニメに出演することができる学校なのです。

声優を目指すなら、デビューが約束されている学校に通うことが夢への近道です。

ベーシックコースから体験することができるので、まずはこちらから資料を請求してみましょう。

ベジータ役「堀川りょう」が直接指導のインターナショナルメディア学院

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告