PCXおすすめプラグ、おすすめリアタイヤ

走行距離が40,000キロになってきました

わたしのPCXの走行距離は、すでに40,000キロ近くになってきました。

プラグの交換時期っていうのはなかなか難しく、交換する距離もいろんな情報があり悩んでしまいます。自動車は通常10万キロで交換なので、バイクでもまだいけるかな、まだいけるかなと思い続け今に至ります。

しかし、さすがにそろそろプラグ交換をしようかと思い、プラグを買いに近所のバイク用品店へ行きました。

当初はネットで購入しようといろいろ探していたのですが、送料がネックで買っていませんでしたが、お店で見てみると品ぞろえも十分で、PCX用のプラグも在庫がありました。

ネットで買おうといろいろ悩んでいましたが、お店で1,000円以下で買えちゃいました。

あのネットで探し回っていた時間はなんだったんでしょうか。

プラグ交換の時期

ネットをみていると、5,000キロごとに交換している人や、10,000キロごとに交換している人などいろいろいますが、プラグ交換もオイル交換と同じくらい交換周期の答えがないようです。

オイル交換と同じくプラグ交換の時期はプラグの状態を見て確認しましょう。

いつにしようかなー?まだいけるか。そんなことを考えているうちにあっという間の40,000キロでしたが、交換はいたって簡単で、ステップの後ろ側をめくると見えてくるネジでとまっているプラスチックがバーを外すとプラグが見えるので、サクッと交換です。

40,000キロ走ったプラグの状態はというと、ネットなどで見たどのプラグよりも先端が丸くなっていました。

プラグの状態はひどいものでしたが、乗っていて特に不具合も感じなかったので、急いで交換する必要もなかったのかもしれません。

写真を撮っていればよかったのですが、撮っていなかったので、残念です。

PCXを購入してから2度目のタイヤ交換

前回のタイヤ交換から約25,000キロの走行でのタイヤ交換となりました。

バイクのタイヤはだいたい10,000キロ程度で交換と聞いていたのですが、これだけもってくれれば大満足です。

ミシュランのcity gripですがグリップも悪くなく、寿命も25,000キロもってくれれば十分です。

もう少し走れそうな気もしましたが、ミシュランのタイヤでも1本6,000円程度で買えるので、無理に使い切ることは考えず交換することにしました。

今回も自分で交換です。

前回、初めて自分で交換したのですが、あれから1年半が経ちすっかり交換方法を忘れてしまっていました。

タイヤは前回と同じミシュランのcity gripにしました。

ミシュランのcity gripをおすすめする理由 わたしはPCXに3年とちょっと乗っています。長距離通勤のため年間2万キロほど...

ダンロップやブリジストンなど、ほかのタイヤを試してみたい気持ちもありましたが、どのタイヤも同じ価格帯だったので間違いのないミシュランにしました。

交換手順はいろんなサイトで公開されていますので、省略しますが、前回は簡単に外れたスイングアームがなかなか外れず大苦戦してしまいました。

一度部屋へ戻り、”PCX” スイングアーム はずれない”で対応策を検索しますがどうも的確なものがみつかりません。

いろいろ調べていると、どうもサイドスタンドをかけてみるとスイングアームがはずしやすくないようなことが書いてある記事を発見しました。

どういうことかよくわかりませんでしたが、サイドスタンドをかけて作業をしたみるとあっさり簡単に外れました。

結局、このスイングアームをはずす作業が一番時間がかかっていました。

10万キロ超まで乗るつもりですが、乗りつぶすよりも20,000キロくらいで乗り換えた方がお得なのかなとも思っています。



PCXにかかる年間の維持費を計算してみます ネット上でもよく話題に上がる125ccの年間維持費ですが、わたしのPCXの年間維持...
スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告