洗濯機が壊れる前兆は?

洗濯機が壊れる前に起こること

テレビや冷蔵庫などの家電の寿命は一般的に約10年と言われています。

10年というとかなり長いので、大型家電といわれる冷蔵庫や洗濯機は一度買ってしまうと壊れるまで次の買い替えはなかなか考えないものですね。

しかし、故障やトラブルは突然やってくるものです

壊れる前に起こる前兆を知り、そろそろ壊れそうだということがわかれば、買い換えのため価格や機能などの情報を集めたりを調べたりすることができるので、買ってから後悔しない買い替えができます。

たとえば、冷蔵庫が故障する前兆は、冷えなくなったり冷凍庫の中の食品が溶けたりという非常にわかりやすい症状が出るのですが、洗濯機の場合は壊れる前兆がなかなかわかりにくいので突然故障してしまうと毎日の洗濯ができなくなってしまうのでとても困ってしまいます。

急いで家電量販店に走り、機能や価格の相場もよくわからないまま高い買い物をしてしまうこともありますので、10年近くたってきたらそろそろ故障するかもしれないという気持ちの準備をしておきましょう。

さて、心の準備はしていても洗濯機が壊れる前兆は知りたいものです。

そこで今回は洗濯機が壊れる前兆をいくつかご紹介しましょう。

エラーが頻発する

特に内蓋や外蓋のセンサーがエラーを出し、きちんと閉まっているのにエラーが出ます。

風呂水ポンプが使えなくなる

お風呂の残り湯を使って洗濯をする人も多いと思いますが、この風呂水を吸い上げるポンプが吸い上げなくなります。

ただし、洗濯機の故障ではなくホース自体に亀裂が入っていたりフィルターのつまりが原因だったりすることもあります。

洗濯機の故障はなかなかわかりませんが、そろそろ10年になる時期から洗濯機の異変に注意するようにしましょう。

洗濯機を使う期間が限定的な時は家電レンタルを利用する方がお得な場合もあります。



スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告