PCXにおすすめのタイヤはやはりミシュランcity grip

ミシュランのcity gripをおすすめする理由

わたしはPCXに3年とちょっと乗っています。長距離通勤のため年間2万キロほど走るので現在走行距離は6万キロを越えました。

購入時に履いていたIRCを1万キロほどで交換し、その後はミシュランのcity gripに2度交換しています。他のタイヤを履いたことがないので”絶対”的なことは言えませんが、長距離通勤をする人にとってはおすすめのタイヤです。そろそろわたしのPCXもタイヤ交換の時期ですが、次もcity gripにするつもりです。

走行距離2万キロの長寿命

わたしがcity gripをおすすめする最大の理由は、走行距離が2万キロの長寿命だからです。

前回もこのcity gripを履いていましたが、25,000キロ以上走行することができました。

購入時に履いていたIRCのタイヤ1万キロで交換しました。はもう少し走れたかとは思いますが、雨の日に強いというレビューを見てcity gripを履いてみたいと思い、少し早めの交換をしました。

購入してみてびっくり、その長寿命に驚きました。

IRCと同様に1万キロほど、もしくは1万キロ以内でで交換しなければいけないと思っていましたが、25,000キロ以上走行することができました。

その次に交換したcity gripも同様に2万キロ以上走行することができています。そろそろ交換する時期なダンロップやブリジストンなども興味はありますが、寿命が短かったらと思うと実績のあるcity gripにしようかなとなってしまいます。

価格的にはダンロップやブリジストンなど他のタイヤに比べて少し高いですが、1,000円~2,000円の差ですので2万キロ以上走行できることを考えれば納得できる価格です。

走行距離が60,000キロを超えてきたのですが、乗り換えかこのまま乗り続けるか悩んでいます。もう少し走行距離が少なければ、今後のトラブルなどを考えたときに結果的に安くつくのではないかと思いますが、さすがに60,000キロを超えてくると査定に出してもタダ同然になりそうな気がします。

PCXは中古でも高い値がついています。初期型でも15万円以上の価格のものも多いので、新型に乗り換えるのもいいなと考えています。

新型でも新車でうまく買えば30万円以下で買えるので、15万円で売れれば15万円以下で新型に乗り換えることができます。

まだそれほど走行距離が多くない人は、中古バイク査定をしてみてはどうでしょうか。

わたしのPCXもあと40,000キロ走行距離が少なかったら新型に乗り換えるのですが、60,000キロ超では無理そうです。



スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告