月額定額でいろんなクルマに乗り換えホーダイ

若者のクルマ離れが深刻な状況になっています。

今に始まったことではありませんが、若者のクルマ離れが深刻になっています。

その理由は何といっても維持費の高さではないでしょうか。

日本自動車工業会の調査によると、日本の自動車にかかる税金はアメリカの49倍となっており、①排気量が1,600cc、②車両総重量1.5t未満、③11年間使用、④車両価格180万円の自動車にかかる税金は、自動車取得税が約9万円、自動車重量税が約17万円、自動車税が約44万円と合計約70万円となります。

これに対して、アメリカの場合は自動車税など1.4万円ほどで、日本の税金に比べて約1/49です。

これだけの結果だと自動車大国であるアメリカだけが安いのかという疑問が出ますが、確かにアメリカは他の国に比べて安いのは安いですが、フランスでも登録税4.2万円ほどで日本に比べると1/16程度で、ドイツでは少し上がりますが自動車税22.4万円とそれでも日本に比べて1/3程度です。

いくら便利なクルマでも、これほど税金がかかってしまうと簡単にクルマを買うことはできません。

特にライフスタイルが多様化する現代では、バブル期のようにクルマを所有することがステータスではなくなり、必要なときに必要なだけ借りることができるレンタカーやカーシェアを利用する人も増えてきています。

月1程度なら断然レンタカーやカーシェアがお得

ネットの普及とともに、レンタカーやカーシェアがとても簡単な手続きで24時間手続きができるようになりました。

カーシェアでは利用する1分前までキャンセルが可能なサービスもあり、その便利さはますます高まっています。

しかし、いくら便利になってもレンタカーやカーシェアは希望するクルマの”空き”がなければ利用することができません。

月に1度や2度の利用であれば多少の不便さはあってもレンタカーやカーシェアを利用するのが一番ですが、日常的にクルマを使用したい場合は購入するしかないのでしょうか。

日常的にクルマを利用するならリースがお得
日常的にクルマを利用する場合は購入よりもリースがお得になります。
しかし、リースの場合は3年~5年契約となり、その間の乗り換えができなくなります。
正確には乗り換えをすることはできますが、解約金が必要になったりすることもあり、原則としては乗り換え=途中解約は不可能になります。
そうなると、日常的にクルマを使用したい場合は購入しかないのでしょうか。
レンタカーやカーシェアと購入の中間的サービスがNOREL
そんあかゆいところに手が届くサービスが、株式会社IDOMが提供するNOREL(ノレル)です。
NORELのサービスでは、月額19,800円から対人対物無制限、人身傷害3,000万円の保険料や車検費用がコミコミで豊富なラインナップから好きなクルマに乗ることができます。
しかも、最短90日で乗り換えすることもできるので、輸入/国産車を合わせて800車種の中から好きなクルマにどんどん乗り換えることも可能です。
特に長期の出張や単身赴任などで一時的にクルマが必要な人やいろんなクルマに乗ってみたいというクルマ好きな人にはおすすめできるサービスです。
レンタカー
カーシェア
NOREL 購入
コスト ×高い ◎安い
気軽さ ◎気軽に利用可 ×
車種の豊富さ ×少ない ◎無限

NORELはまさにレンタカーやカーシェアと購入の中間に位置するクルマ好きには理想的なサービスです。



スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告