PCX 2度目のエンスト



2016年7月の帰宅途中で突然のエンストを起こしたPCXですが、その後はエンストを1度もおこしてなかったのですが、先日エンストを起こしました。

今回のエンストも帰宅途中の出来事で、前回同様信号待ちで止まろうとしたところそのままエンストしました。

前回のこともあったので、特に焦ることもなくすぐにPCXを路肩に移動させました。

前回のエンストではしばらくするとエンジンがかかったので、今回も少し待てばエンジンがかかるようになるだろうと思い数分待ってからセルを回しましたがエンジンがかかりません。

何度やってもエンジンはかからず、前回のエンストとは何かが違うような感じがしました。

そこで、普段はセルを回したときにアクセルをあおることはありませんが、何となくアクセルをあおればかかりそうな気がしたのでセルを回してアクセルをあおってみると・・・

そのままエンジンがかかりました。

しばらく様子を見ながら走行してみましたが、その後はまったく今までと変わらず普通に走ることができました。

前回のエンストでは、燃料ポンプやプラグなどが原因ではないかと思いましたが、今回のエンストはどうも原因が違うような気がします。

イメージとしては、燃料が噴射しきれていないような感じで、燃料が詰まってしまったような感じです。

でも、燃料が詰まるということは考えにくいので、おそらく軽いカーボン詰まりのようなものでそれがアクセルをあおることで解消したのではないかと思います。

エンジン内部のクリーナーなどを使ってみるのもいいかもしれませんが、すでに走行距離が60,000キロを超えているので何かトラブルの原因になってしまいそうな気がするので、このまま様子を見ようかと思っています。

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告