長距離通勤のタイヤ選び



コストパフォーマンスが高いものがいいのですが

前回タイヤを交換してから25,000キロほど走りました。

そろそろタイヤ交換をしなければいけない時期ですが、限界までいくのなら、まだもう少し走れそうな気がしています。

おそらく30,000キロは走れそうな感じですが、決して高いものではなく、安全面を考えると早めに交換する方が安心です。

どのタイヤにするかですが、今回もミシュランのcity gripにするか他のタイヤを試してみるか迷っています。

city gripは実績があり、寿命も長いので間違いはないのですが、他のタイヤも履いてみたい気もしていますが、走行性がイマイチだったり寿命が短かったりすることを考えると次もcity gripかなと考えています。

長距離通勤に限らず、車やバイクでのタイヤ選びは重要だと思います。中にはとんでもなく安いタイヤもありますが、果たしてそれは結果的に安いのかよく考える必要があります。

たとえば、city gripはネットで買うと6,000円ほどです。わたしの場合、25,000キロ走行することができているのですが、期間で考えると約1年と少しです。

1年で6,000円と考えると1ヶ月500円です。

格安タイヤで4,000円のタイヤを買ったとして、これが同じ1年もったとして1ヶ月あたり333円です。さらに、格安タイヤは寿命が期待できないので、10ヶ月で交換しなければならなくなったとすると1ヶ月あたり400円となり、city gripとの差は100円/月です。

走行性や寿命が短くなるリスクを考えると、多少高くても安心できるタイヤを選ぶ方が結局は安くつくのかもしれません。

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告

コメント

  1. まーとん より:

    たまに拝見させていただいています。
    まーとんと言います。
    ちょっと高めですが私もシティーグリップがいいと思います。
    パターンもかっこいいしグリップもいいそしめもちがいいですね
    結果として安くなると思います。
    私はシティーグリップをアマゾンで購入して安くとりつけてくれる専門店に持ち込みました。

    • master より:

      まーとん様

      コメントありがとうございます。

      やっぱりシティグリップいいですね。
      たしかに少し高めですが、安心感があります。