PCXのエンスト、原因がわかった!?



PCXのエンストはもはや持病のようなもので、アイドリングストップをoffにしていてもエンストしてしまうという事例は多くあります。

わたしのPCX(JF28)も4年超で70,000キロを超えているので、これまでに何度かエンストを起こしました。

しかし、幸運なことにエンストはするものの、エンジンがかからなくなることはなく立ち往生することはありませんでした。

しかし、先日またエンストを起こしエンジンをかけようとしましたが、何度セルを回してもエンジンがかかりません。

セルは回るものの、エンジンがかからない状態です。

スタンドやアイドリングストップのスイッチ、プラグコードなどを確認しましたがどこにも異常はありません。

何度もセルを回し、エンジンをかけようとしましたがいっこうにエンジンがかかる気配はありません。

ついにバッテリーが限界を迎え、セルが回らなくなりました。

その日は時間も遅くなったので、翌日に詳しく確認することにしました。

まずバッテリーがダメになってしまっているので、ブースターケーブルでつなぎ、エンジンがかかるか確認します。

すると、何事もなかったかのようにエンジンがかかりました。

バッテリーがダメになっているはずなので、ブースターケーブルを外してセルを回してみましたが昨日の出来事が嘘のようにすんなりエンジンがかかります。

嘘のような出来事ですが、今回のエンストで分かったことがあります。

エンジンが再始動しなかったのはバッテリーの寿命だと思いますが、エンストした原因はおそらくプラグです。

前回の交換から3万キロ以上走行しており、ほぼ間違いなくプラグが原因です。

しばらく様子を見てみますが、プラグは2万キロ程度での交換が良さそうです。

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告