PCX納車

私のPCXも走行距離が8万キロ近くなりました。 先日もオイル交換をしたのですが、お店の方と10万キロいけそうですね!という話...

8万キロ走行した初代JF28 PCXだったのですが、突然エンストしてしまい修理する事も考えたのですが、8万キロという走行距離とたとえ修理したとしても、これから出るかもしれないトラブルを考えると、修理するよりも乗り換えた方が賢明だと判断し乗り換えることにしました。

次に乗るバイクは、250ccも興味があったのですが車両価格や維持費などを考えると、やはり125ccとなりPCXにしました。

年間の走行距離は約20,000キロ わたしは今ホンダのPCXに乗っていますが、毎日往復約70kmの長距離通勤のため年間走行距離がおよそ20...

毎日の通勤に使うので、早く納車できるようバイク屋さんにお願いして、1週間ほど待って先日納車されました。

新車といっても所詮125ccのスクーターなので、特別な感動もなくいつものオイル交換後のような挨拶をして帰りました。

しかし、乗ってみると同じPCXとは思えないほどの違いがありました。

JF28からJF81の進化を感じます。

急なトラブルで初代のJF28 PCXからJF81 PCXに乗り換えました。 納車したから約2ヶ月がたち、走行距離も2,0...

乗ってすぐに思ったのは、”曲がらない”です。評論家的な言い方をすれば、剛性が高くなったという表現になるのでしょうが、非常に曲がりにくい印象でした。

とは言っても、1時間も乗ればすぐに慣れてしまうので全く問題ではありません。

初代のJF28 PCXに比べると、少し大きく感じますがこれもすぐに慣れると思います。

中古車ではなく、新車にした理由とは

新車を買うと2年間の保証がついてきます

PCXに限らず、国内メーカーのほとんどの125cc以下のバイクは新車で買うと2年間の保証がついてきます。

新車なので、トラブルなどはほとんどないはずなので2年間の保証は無用に感じるかも知れませんが、PCXはベアリングのへたりから交換しなければならなくなることがあります。

費用的には、それほど大きな金額ではありませんが、長距離を走る人にとっては、この2年保証は安心です。

新車には1年間の盗難保険がついてきます。

これもほとんどの国内メーカーの125cc以下のバイクについてきます。

しかし、年間を通して行っているのではなく年に2度ほどのキャンペーンなので、新車を購入するタイミングによります。

保険期間の延長を希望する場合は、保険料金を追加で支払うことで1年間の延長ができます。

このように、新車を買うとトラブルに対する保証と盗難に対する補償がついてきます。

長距離通勤をする上で、この2つの安心とPCXは人気車種なので新車と中古車での価格差が少ないことがわたしが新車を選んだ理由です。

わたしの場合は壊れるまで乗り続けましたが、下取りや買取価格を考えると壊れる前に乗り換える方が賢明です。

バイクに対して強い思い入れがあれば話は別ですが、安全や経済性を考えると高く売れるうちに乗り換えた方がいいですね。

自分のバイクの買取相場を見てみる

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告