給湯器の故障から買い替えまでのポイントは

給湯器の寿命は約10年

給湯器の寿命は約10年といわれています。我が家の場合、20年使い続けることができましたが、交換してくれた業者の方も初めて見た!と驚いていたので給湯器の寿命は概ね10年で間違いないと思います。

実際には10年以上使い続ける人も多い給湯器ですが、引っ越してから一度も買い換えたことがない、初めての買い替えという人も多いでしょう。

実はわたしも給湯器の買い替えは、今回が初めてで手順としては難しくなかったのですが 、思った以上に時間がかかったので給湯器を買い換える人のマニュアルになればと思います。

給湯器のお湯が出たり出なかったりするのは買い替えのサイン

給湯器は故障しても急にお湯が出なくなるわけではありません。

給湯器の故障は突然に起こります 給湯器の故障は突然に起こりますが、突然に壊れるといってもある日突然お湯が出なくなるわけでは...

お湯が出たり出なかったりする、電源が落ちたりするは給湯器の買い替えのサインなのです。

このような症状が出始めてもしばらくは、といってもかなり長い間不便ながらも給湯器は使うことができます。

しかし、不便ながらも使うことはできていてもその間のガス代は徐々に上がっていっているはずです。

実際、我が家の場合も買い替え前のガス代は18,000円/月を越えていました。これがその翌年の同じ月には6,000円台になっていました。

エコジョーズに交換すると驚きのガス代に 2015年12月に20年使い続けた給湯器を交換しました。 20年もの...

多の少使い方や使う量には差があったとは思いますが、給湯器の買い替えによる影響は大きいと思います。

給湯器は壊れるまで使うのではなく、調子が悪くなったときが買い替えのタイミングです。

給湯器の取り替えには時間がかかります

給湯器の買い替えは、まず見積もりをとるところから始まります。

もちろん、家電量販店で取り扱っているところもあるので、家電量販店で見積もりをとるのもいいのですが、できればインターネットで給湯器の販売、取り付けを行っている業者を探してみてください。

わたしの場合は5件ほど、電話やホームページの問い合わせから問い合わせをしました。

だいたいの相場は理解していたつもりなので、工事費込みで15万円以下でできるかを確認しました。

問い合わせたうち1社は年内の交換は日程的に不可(問い合わせたのは11月)、2社は15万円以下は到底不可、1社は返信なし、で残り1社が最安値の12万円台の見積もりでした。

5社に問い合わせて、比較検討できるのが1社となり選択の余地はなくなりました。

これ以上時間がかってしまうと年末と重なり、日程的に厳しくなると考えこの1社にお願いすることにしましたが、それでも交換の作業日は2週間後となりました。

給湯器は、一般的な家電製品の買い替えとは違い、買ったらすぐに使えるというものではありません。

安く交換してもらえる業者は日程も詰まっているので、早めに見積もりをとってお得に交換しましょう。


スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告