ますますバイクが売れなくなる!?ヤマハからサブスクリプションサービスの開始

2019年5月20日、ヤマハから月々定額でバイクを貸し出すサービスが提供され始めました。

サブスクリプションというやつですね。

名前が”月極ライダー”とちょっとかっこ悪いですが、料金は車両購入時の支払総額の5%に設定されておりこの費用には任意保険や各種税金、通常メンテナンスなどが含まれています。

ということは、支払総額60万円のバイクの場合、月々3万円で乗れるということになります。

一見、それほど安くないようにも思えますが、任意保険やメンテナンスにかかる費用が込みであることと、最低利用期間が30日ということを考えるとなかなかいい価格設定ではないでしょうか。

ただ、貸し出されるバイクが中古バイクということなので、貸し出されるバイクの程度次第というところもありそうです。


貸し出されるバイクはヤマハに限定せず、ヤマハの狙いとしては、横断的な二輪業界の活性化ということですがこれが活性化につながるかというと疑問です。

今までのレンタルバイクの場合、1日レンタルするだけでも1万円ほどかかります。

今回のサービスでは同じ料金で1ヶ月間借りられることになり、コストパフォーマンスは30倍になります。

今までの1/30の料金でバイクに乗れることから、契約件数は伸びるかもしれませんが、新たにバイクを購入する人は減ってしまい全体的なバイクの売り上げは下がってしまうでしょう。

しかも契約件数の伸びは一時的なものとなり、レンタルバイクブームで終わってしまうのではないかと予想します。

気になるのは細かい契約内容で、月々の走行距離に制限があったりするのか?月々のメンテナンスも含まれるようですが、これにオイル交換は含まれるように感じますが車検費用やタイヤ交換なども含まれるのか?が気になるところです。

貸し出すバイクが中古車になるので、もともとあった傷などの確認や経年によるトラブルなどの費用負担も気になります。

しかし、年齢によっては任意保険だけでも相当な額になるので、ローンを組むよりリスクも少なくなり費用も安くなる可能性が十分あり、魅力的なサービスです。

まずは2020年5月までの試験的な運用で、埼玉県の1店舗でのサービス開始ですが、その店舗がどのような中古車を貸し出すかがこのサービスの存続を決めそうです。

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告