それでもまだドコモでスマホの契約をしますか?

iモードの新規申込み受付が終了

ドコモのiモード新規申込み受付が、2019年9月末で終了します。

この発表の中で、FOMA(3G)向けの音声プランや割引サービスも新規受付を終了することが明らかにされています。

iモードケータイは既に新規の発売が終了していますが、今回のiモードの新規受付終了が意味するところとは何でしょうか?

iモードの既存ユーザーは10月以降も引き続き利用することができますが、2020年代半ば頃に3Gサービスを終了する予定です。ついにガラケーが終了するときがくるわけです。

つまり、月額料金の安いガラケーサービスを終了させて、月額料金が高い4G、5Gサービスへ契約を移行させていきたいわけではないでしょうか。

いやいや、spモードのガラケーが残るじゃないか、と思われる方もいるかもしれませんが、これはガラケーの形をしたスマホです。

もうガラケーを新規で申込むことはできないのです

さらにspモードケータイがガラケーだとしても、ドコモケータイ向けプランのカケホーダイプラン(国内通話が24時間無料、2,200円/月)、カケホーダイライトプラン(5分以内の通話が無料、1,200円/月)、シンプルプラン(家族内通話無料、980円/月)は、すでに2019年5月31日をもって新規申込みの受付を終了しています。

結局、ガラケーはなくなってしまうのです。

お子様を持つ家庭の味方であるキッズケータイ向け専用プランのキッズケータイプラス(500円/月)も同時期に新規申込みの受付を終了しています。

何ということでしょうか、いつの間にかもうガラケーを新規で申し込むことはできなくなってしまっているのです。

そして、新たに発表された新プランは、ギガホ(2年定期契約で最大6ヶ月4,980円/月)ギガライト(2年定期契約で1,980円/月)です。

それでは、それぞれのプランを細かく見ていきましょう。

ドコモから発表された新プラン

ギガホ月額料金
定期契約あり 6,980円
定期契約なし 8,480円
利用可能データ量 30GB

おかしいですね。月額4,980円のはずですが、6,980円になっています。

これには注釈があり、月額4,980円になるにはまず2019年9月末までにギガホプランに加入する必要があります。2019年9月までに加入することにより最大6か月間、月額1,000円が割引される「ギガホ割」が適用されます。

さらに、3回線以上加入することで「みんなドコモ割」(最大1,000円)が適用されます。

この2つの割引サービスが適用されることではじめて月額料金が4,980円になるわけです。

月額4,980円なら思っていたほど高くないな、と思ってしまいそうですがここで注意が必要です。

月額4,980円というのは2019年9月までにギガホプランに加入し、3回線以上加入した場合の最大割引が適用された月額です。

わかりやすく説明すると、3人家族で上記の最大割引が適用されたとしても、
1回線目 5,980円
2回線目 5,480円
3回線目 4,980円
合計  16,440円

3回線目でようやく最大割引が適用されるのです。

ちなみに内訳は、1回線目が2019年9月までに申し込む早期割引△1,000円のみ、2回線目が早期割引△1,000円+みんなドコモ割△500円、3回線目が早期割引△1,000円+みんなドコモ割△1,000円です。

初期費用0円でスマホ代が月額半額以下になるか見てみる

ギガライトプラン
定期契約あり 1,980円
定期契約なし 2,980円
利用可能データ量 1GB以下

ギガライトプランは、一見するとギガホプランに比べて月額1,980円と安く見えますが、利用可能データ量が1GB以下です。

この1,980円もギガホプランと同様に3回線以上加入した場合の最大割引が適用された月額です。

さらに、このギガライトプランは利用するデータ量が増えるにつれて最大5,980円(定期契約ありの場合、定期契約なしの場合は7,480円)まで料金が上がるシステムです。

しかも、最大月額となるデータ量は5GB~7GBです。

つまり、5GB以上のデータ量で月額5,980円になってしまうわけです。

スマホをほとんど使わないような方であれば、ギガホプランでもいいように思えますが、月額1,980円におさめるには最低でも3回線の契約が必要です。

となると、家族が3人ともスマホをほとんど使わないという条件にあてはまらないといけません。

そんな家族がいるのか?という話ですが、そんな家族であれば格安SIMでもっと安くすることができます。

これでもまだドコモでスマホを契約しますか?

格安SIMで月額いくらになるか見てみる

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告