家の固定回線は格安SIMで代用できるか挑戦しました

格安SIMの通信容量が格段に増えたので

格安SIMが出始めた頃は、通信速度もそれほど速くはなく通信容量も多くありませんでした。

しかし、最近になってIIJ、UQMobile、mineoなどいろいろな格安SIMが競争をしてくれたおかげか通信容量も多くなってきました。

そこで、以前からそれほど使わない割りにお金を払っている家の固定回線を格安SIMで代用できないかということを考え始めたわけです。

当時はdocomoのスマホを使っていましたが、毎月の通信容量を確認すると3GB程度でした。

契約している格安SIMの通信容量は最大で10GBですので、家で使う容量が7GBまでで収まればよいわけです。

家でネットを使うのは、せいぜい2chの掲示板を見るかyou tube程度でしたので、半分はいけると確信してはいました。しかし、慎重なわたしはもしものことを考えて実験をすることにしてみました。

その実験内容は、ADSLを契約を残しながら格安SIMのみで数日間生活してみて、格安SIMだけでやっていけるかを検証する実験でした。

つまり、ADSL回線を残しておいて、もしもの場合は戻せるように保険をかけたわけです。

実験は大成功?

格安SIMを契約し、開通をすませて家のADSLのwifiを切りました。

wifiを切った理由は、何かの拍子に格安SIM回線からADSLのwifiにつながってしまうと正しい実験ができなくなるからです。

テキストページはもちろん、you tubeの動画もストレスなく見ることができ、通信速度はまったく問題ありませんでした。

感覚的ではありますが、もしかしたらADSLより速いんじゃないかと思うくらいでした。

数日間実験を行い、そのの結果家のネットは格安SIMで代用できるという結論に至りました。

そこで、次のステップとして月半ばではありますがADSLを解約することにしました。

今思えば、なぜ月末まで待たずに解約したのだろうと思います。せめて、月末まで実験を続けていれば悲劇は起こらなかったわけです。

まさかの出来事

まさに、まさかの出来事でした。数日間にわたって行なったあの実験はたかだか数日間の実験にすぎなかったのです。

ADSLを解約した直後に今まであまりタブレットを使う姿をみたことのなかった子供がタブレットでyou tubeを見ていたのです。今まで見たことがなかっただけで、今までもyou tubeを見ていたのかもしれませんが、なんとも新鮮な光景でした。

そして、数分後…

「これ、見れなーい」と言い出しました。いやいや、動画が見れるのは確認していたので、どれどれ貸してみなさいと見てみると、テレビでみたことのあるぐるぐるが回っていました。

そしてそのぐるぐるは長く回り、消えたかと思うとまたすぐぐるぐる回っていました。

もしかして?!と思い、すぐに通信容量を確認しました。

答えは簡単でした。

通信容量オーバーで低速モードになってしまっていたのです。

しかも、今月の通信容量を使い切ってしまっていて、月半ばにして低速モードとなりました。

結局、家のネットは再契約をすることになりました。

格安SIMと固定回線の併用

動画を見たりすることが少ないのであれば、格安SIMを固定回線として十分代用できるかと思いますが、ある程度以上の通信を行なうのであれば、ADSLを引いた方が安く上がります。

例えばとくとくBBであれば、月々2,000円ほどでADSLを引くことができます。

格安SIMが3GBで900円程度なので合わせて3,000円ほどとなり、格安SIMと変わらない費用で通信制限も受けることがありません。

しかし、ADSLは年々サービスを受けられる地域がなくなってきているので、申し込みができるうちに申し込みをしないといけません。

期間限定キャンペーン実施中!【Yahoo! BB ADSL】

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告