パソコンのメンテナンス

わたしのパソコンは、数年前にオークションで落札したSONYのVAIO VGN-FT93Sです。

B5サイズがほしかったのですが、何を勘違いしたのかA4サイズのノートパソコンを落札していしまいました。

落札してしまったものは仕方がないのでそのまま使っていますが、SSDに換装してみるとHDDに比べて予想以上に早くなり、まったく問題なく使えていました。

特に起動やシャットダウン時の速さはHDDと比べものにならないくらい早いです。

しかし、最近どうも最近調子が悪くてなってきて困っていました。

パソコンの用途としてはネットくらいなのですが、電源を入れてからほんの数分でかなり熱くなり動きが遅くなるのです。

その熱さも相当で、キーボードを触るとヤケドするんじゃないかと思うくらいの熱さです。

熱が原因であることはわかるのですが、なぜこれほどまでに熱を持つのかがわかりません。

パソコンの熱がうまく逃げていないと思いファンを確認したのですが、きちんと回っています。念のため掃除機でファン周りをきれいにして再度確認しました。

結果は・・・

まったく変わらず。。

これほど熱をもつのはそもそもの不具合ではないかとも思いましたが、これだけ古いパソコンですので何ともしようがありません。

ファン周りはきれいに掃除しましたが、もう一度ファンをはずして掃除をしようと思い、分解してみるとファンからの熱を逃がす経路のフィンの部分にほこりがびっしりつまっていました。まさしく綿ぼこりのかたまりです。

これを綿棒できれいに取り除き、組みなおして電源を入れてみました。

結果は・・・

起動してから30分ほど経ちますが、今まで聞こえていた異常に大きなファンの音もなく、もちろんキーボードが異常に熱くなることもなくなりました。

パソコンが異常に熱くなったら掃除をするのはわかっていましたが、掃除機で吸うだけではなく分解して内部の掃除をする必要があることがわかりました。

これでまだまだこのVAIOを使い続けることができそうです。

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告