首もとの寒さ対策にフルフェイスのチンカーテンを自作してみました

とにかく寒いんです

最近、めっきり寒くなってきました。

わたしは通勤に安全のためフルフェイスのヘルメットを使っています。

フルフェイスは半キャップやジェットのヘルメットに比べれば寒さはずいぶんマシなのですが、あご下から冷たい風が入ってくるのがどうにも寒いわけです。

これをどうにか防げないかと考えていました。

フルフェイスのヘルメットには、もともとチンカーテンがついていたのですが、サイズが小さいのと薄いメッシュの生地っぽく隙間からかなのか生地が風を通しているのかあご下からどうも冷たい風が入ってきてしまいます。

防寒用に大きいサイズのチンカーテンも市販されているようですが、効果があるかもわからないので自作してみることにしました。

100円で防寒用チンカーテンがつくれます

チンカーテンの自作はとても簡単です。

まずは100均で好みのネックウォーマーを買います。そのネックウォーマーを半分程に切り、フルフェイスのあごのところにから入れてカーテンのようにします。

ポイントは少し大きい目にすることです。大きくすることであご全体をカバーすることができ、冷たい風が首に直接当たるのを防ぐことができます。

実際につくってみると、チンカーテンというよりはネックカーテンのようになりますが、これだけで驚くほど冷たい風を防ぐことができます。

イージスなど防寒ウェアのネック部分とこのチンカーテンでほとんど冷たい風が入ってくることはありません。

もし見た目が気になる場合は、少し面倒ですが切り取った部分の縁をチンカーテンのようなるように丸みをもたせるように巻き込んで縫うことにより、前からネックカーテンには見えづらくなります。

またサイズをじょうずに調整すれば、見た目もすっきりして後付けとは思えないほどの仕上がりにすることもできます。

不要な春夏の時期には取り外しもできるのでとても便利です。

大きめにカットして調整することがポイントです

まずは大きめにカットして調整しながら切っていきます。

少しずつ小さくして自分好みのサイズと効果が得られるとこを探してみてください。

失敗しても100円ですので、ぜひ自作チンカーテンつくりに挑戦してみてください。

100円で100円以上の大きな効果を得ることができます。



スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告