格安SIMと通話専用のキャリア契約が最強説

格安SIMの契約数が爆発的に伸びています。

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアの平均月額料金8,000円程度に比べ、格安SIMにすると1,500円程度になるため多少の面倒はあっても格安SIMに移行する人が多いようです。

格安SIMのメリットはなんといってもその月額料金の安さですが、今思い切って格安SIMに移行できない人が気になっている点はキャリアメールと無料通話ではないでしょうか。
キャリア契約の場合、キャリアメールを1,000円ほどの無料通話がついてきます。

年配の方などとの連絡手段としてキャリアメールが必要であったり、そこそこ通話をする人にとってはなかなか格安SIMに移行できないものです。

そんな問題を解決する方法が、格安SIMスマホとキャリアガラケーの2台持ちなのですが、これはすでに行なっている人も多いと思います。

ガラケーの無料通話と格安SIMのデータ通信の安さの両方のメリットを受けられる方法です。

しかし、2台持ちはガラケー、スマホのどちらかを忘れてしまったり、スマホとガラケーの両方の電池を気にしなければいけないなど、面倒な点もあります。

1台でガラケーもスマホもいければなーという問題を解決するのが最近出てきだしたDSDS機です。

DSDS機なら、2枚のSIMを同時にスタンバイさせることができるので、通話SIMで着信や通話を優先し、格安SIMでデータ通信を行なうことができます。

これで安心して格安SIMに移行することができます。



スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告