PCX 走行距離50,000キロでかかったメンテ費用は



走行距離が50,000キロを超えました

早いもので、PCXの走行距離は50,000キロになりました。

最初は1,000キロでオイル交換をしていましたが、あまりにも交換サイクルが短く、オイル交換をするためにお店に行くのが面倒になり、最近では3,000キロ程度でオイル交換をしています。

走行距離が50,000キロ時点での大まかなメンテ費用は、フロントタイヤの交換が1回、リアタイヤの交換が2回で約15,000円、ベアリング交換が約10,000円、ベルトなど駆動系の交換が2回で約20,000円、ブレーキパッドの交換が役1,000円と非常に安く済んでいます。

タイヤ交換やブレーキパッドの交換、オイル交換は走行距離に応じて必要になるのですが、そのほかのトラブルがベアリング交換以外ありません。

ベアリング交換も、考え方によっては走行距離に応じた消耗品とも考えられるので、ここまでトラブルなしで乗ることができています。

しかしながら、再びベアリングから異音がしてきているので、そろそろ2回目のベアリング交換が必要かもしれません。

駆動系もそろそろ交換が必要ですし、大きな出費が必要なトラブルが出たら乗り換えを考えないといけないかもしれません。

PCX年間の維持費は!?

ネット上でもよく話題に上がる125ccの年間維持費ですが、わたしのPCXの年間維持費を計算してみようと思います。

私のバイクは125ccなので、税金は2,400円です。

2016年から増税となり、1,600円から2,400円になりました。額としては800円と大きくはないですが、1.5倍ですよ。50ccの原付にいたっては、1,000円から2,000円と2倍ですよ、2倍。

続いて自賠責保険です。

ちょくちょく改訂されますが、わたしの場合、5年契約で17,330円なので、1年あたり約3,500円です。

そして任意保険。

わたしの場合、自動車を所有していますので、ファミリーバイク特約で年間約7,000円です。

あとは走行距離によりますが、私の場合、

オイル交換が年間およそ7,000円です。

ガソリン代が1ヶ月約3,000円なので、年間約36,000円です。

リアタイヤ交換が年1回も交換しませんが、5,000円ほど。

ドライブベルト交換が年こちらも年1回の交換ではないですが、10,000円ほど。

表にしてみると

税金 2,400
自賠責保険 3,500 17,330円/5年
任意保険 7,000 ファミバイ特約
オイル交換 7,000
ガソリン代 36,000
リアタイヤ交換 5,000
ドライブベルト交換 10,000
合計 70,900

こんなもんでしょうか。

オイル交換からドライブベルトの交換は維持費というよりランニングコストになりますが、自動車に比べると非常に経済的です。

一番大きいのは、何より燃費のよさですね。

リッター48~50kmくらい走ります。いや、ほんとに。

自動車に比べると、年間数十万円の節約になりました。

ファミリーバイク特約は保険会社によって金額が変わってくるので保険会社に確認してください。



PCX走行距離40,000キロ わたしのPCXは走行距離がそろそろ40,000キロとなりました。 2年で...
スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告