ETC法人カードが便利でお得

高速道路の料金所では、ほとんどすべての車がETCを使って通過しています。

ETCの利用状況から、すでにETCの便利さやお得さは世の中の常識となっているようです。

会社の社用車などは、ほぼ100%ETCを利用しているのではないでしょうか。

しがしながら、個人事業主や設立直後の新会社にとってETCカードをつくることは高い壁にはばかれていて、実際にはなかなかETCカードをつくることができません。

概ね設立3年未満の新会社は、クレジット会社からの信用度が低く、クレジットカードをつくることができないのが現実です。

なので、設立直後の新会社などでは、社用車で高速道路を利用する際はETCカードを使わず現金で支払ったり、従業員個人のETCカードを使った意りしています。

しかし、これは従業員にその都度現金を渡したり、帰社後に精算したりの煩雑な業務が付いて回ってしまいます。

特に現金での支払いの場合は、わざわざ料金所で停止して料金は支払う手間をかけているにもかかわらずETCを使うよりも多くの料金を支払っています。

こんな悩みを持つ事業主の方は、ぜひETC協同組合のETCカードを検討してみてください。

このカードはETC専用のカードなので、クレジット会社から断られた会社でもETCカードを発行することが容易です。

クレジット会社で断られたのになぜETC協同組合ではカードがつくれるのかというと、ETC協同組合のETC法人カードはクレジット機能がないETC専用カードなので、出資金(10,000円/1社 脱退時に返金されます)とカード発行手数料(864円/1枚)だけでETCカードをつくることができます。

早速、ETC法人カードを作ってみましょう。



スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告