そろそろ格安SIMを考えている方へ

格安SIMに乗り換える人が増えています。

最近、MVNOとよばれる格安SIMがかなりの勢いで契約数を伸ばしています。

数年前には見向きもされなかった格安SIMが、なぜ今このように注目を浴びるようになったのでしょうか?

格安SIMが大きく契約数を伸ばした大きな要因は、大手キャリアとよばれるドコモ、au、ソフトバンクの契約プランが非常に複雑になり、よくわかわないままスマホに変えてみたけれどガラケーに比べてスマホの月額料金が高額になったこことが考えられます。

その点、格安SIM会社は対面でサービス内容を説明してくれる店舗がなかったり、SIMに適したスマホ端末を自分で用意しなければならないなどのちょっとした手間はありますが、シンプルでわかりやすい料金体系で、大手キャリアに比べて半額以下の月額料金の安さなどそのメリットがはっきりとわかるため人気を集めています。

月額料金の安さが一番の魅力です

一番のメリットである月額料金の安さは、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアスマホの平均的な月額料金の8,000円ほどに対して、格安SIMになると2,000円以下になります。

初めての人には少し難しく感じるかもしれませんが、理解してしまえば簡単な手続きで格安SIM移行するだけで単純に月6,000円以上ケータイ代を節約することができます。

月6,000円ですが、格安SIMへ移行するだけで年間80,000円ほども節約することができるので、今までは面倒くさいと格安SIMへ移行しなかった人もいろいろ調べて移行するようになりました。

格安SIMは通信速度の遅さやつながりにくさを指摘されることもありますが、基本的に大手キャリアと変わりません。

なぜなら、格安SIM会社はドコモ、au、ソフトバンクから回線を借りているからです。

厳密には回線の質は同じではありませんが、大きく体感できるものではありません。

最近では格安SIM各社内でも競争が激化してきているので、月額料金の安さだけではなくインフラ面では通信網の充実、サービス面では通話定額サービスなどキャリアと変わらないサービスを格安料金で提供するようになりました。

これだけ充実すると通話品質やサービスも大手キャリアと変わらないので、今まで格安SIMに興味がなかった人も振り向かないわけがありません。

サービスに対する価格で考えると、格安SIMのコストパフォーマンスはすでに大手キャリアを追い越しているかもしれません。

私はドコモのガラケーと格安SIMを使っています。 いわゆる2台持ちとよばれるもので、通話するときはガラケーを使い、ネットなどデ...



スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告