ドコモのアドレスを2つもつ方法

ドコモのキャリアメールアドレスにはiモードとSPモードがあります

ドコモの〜@docomo.ne.jpアドレスですが、スマホユーザーの人はspモードというISPを利用しています。そして、ガラケーユーザーの人はiモードというISPを利用しています。

spモードの場合はスマホはもちろん、スマホ以外のパソコンなどでもメールの送受信ができますが、iモードの場合はiモードに対応している携帯電話以外でのメールの送受信はできません。

通常はスマホユーザーの人はspモード、ガラケーの人はiモードを契約していますが、実はガラケーでもspモードの契約ができるのです。しかも、spモード、iモードはそれぞれ月額300円(税別)がかかるのですが、spモード、iモードの両方を契約するとISPセット割という割引が適用され、両方で300円(税別)になります。

つまり、spモードとiモードの両方を契約しても料金はどちらか1つを契約していた時と変わらないわけです。

そして、spモード、iモードそれぞれに〜@docomo.ne.jpのアドレスを持つことができます。

つまり、iモードでA@docomo.ne.jpのアドレス、SPモードでB@docomo.ne.jpというアドレスを持つことができるわけです。

それがどうした?というお話ですが、格安SIMに移行したいけれど、PTAや子供会の連絡網などでキャリアのアドレスが必要な人にとっては、家族の誰かがiモードガラケーを持っていれば実質無料でドコモのアドレスをもうひとつ持つことができます。

お父さん、おじいさんが持っている携帯、または子供に持たせているi携帯がiモードガラケーなら、もう一つアドレスが作れます。

SPモードでつくったアドレスをスマホで使えば、格安SIMでもドコモのアドレスの送受信ができるわけです。



スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告