スマホ、タブレットを用いた受験対策とその効果

学習塾、予備校に通うことができない

自宅の近くに良い予備校・塾がない、経済的な理由からどうしても予備校・塾に通うことができない受験生が増えています。

土日も部活で忙しく、予備校・塾に通う時間がないという受験生も少なくありません。

このように高校受験、大学受験を控えているけれどなかなか塾に通えない受験生が多いのが現実です。

自宅で学習するのは誘惑がたくさんあるので大変です

学習塾に通わなくても、自宅で学習すればよいわけですが自宅での個人学習は、テレビやスマホなどさまざまな誘惑があり、その甘い誘惑に打ち勝って勉強するというのは中学生や高校生にはなかなか難しいものです。

また、受験勉強はただ単に長い時間机に向かって学習していればよいというものでもなく、学習する内容も非常に大切になってきます。

多くの受験生がお金を払ってまで学習塾に通うのは、学習塾にはやはり受験のための学習のノウハウがあるからです。

そう考えると、自宅での個人学習には限界があるのかと考えてしまいがちですが、すべてがすべてそんなことではありません。

確かにさまざまな甘い誘惑がある自宅での個人学習ですが、自宅での個人学習のポイントは、高いモチベーションを保つことと、先述の学習する内容です。

しっかりとした内容を効率的に学習することができれば、学習塾に通わなくても志望校に合格するすることはできるわけです。

今までの自宅学習は、紙ベースの参考書や問題集を”読み解く”ことが全てでしたが、この方法では相当に高いモチベーションを保ち続けなければすぐに飽きてしまいます。

そこでオススメなのが、スマホやタブレットを使った学習です。

スマホやタブレットを使って学習することにより、今までの”読み解く”学習から”見る””聞く”学習へと変化させることができます。

さらにスマホやタブレットを使った学習は理解度を確認するための課題や問題を解き進める中で、理解できた内容と理解できなかった内容を選別し、理解できなかった内容を繰り返し学習するなど、効率的な学習を実現するためのシステムを組み込むことができます。

この効果は実証されており、多くの学習塾でもタブレットを用いた学習を導入し始めています。

このようにスマホ、タブレットを使った学習方法により理解度が上がると、当然結果もついてくるようになり、結果が出ることにより学習に対するモチベーションを高い状態で維持することができます。

さらに、スマホやタブレットを使った学習のメリットは時間を選ばないところにもあります。

通学時間や帰宅してから夕食までの空き時間など、短くても空いた時間を活用できるのも大きなメリットとなります。

これまでの学習にプラスαの学習方法として取り入れてみるのもひとつではないでしょうか。

0円パソコン

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告