過熱するふるさと納税に返礼品30%までを要請



一部で競争過熱が指摘されているふるさと納税ですが、その加熱する「返礼品」について高市総務相は、返礼品が寄付額の30%を超える場合は速やかに是正するよう求める通知を出すことにしました。

高市総務相は、行き過ぎた競争が続くと制度自体への信頼を損なうこともあるとして、4月1日付で全ての自治体に通知を出す予定です。

通知は「返礼品の割合が寄付額の30%を超えている場合は速やかに30%以下にする」として、ふるさと納税制度の趣旨に反する返礼品として家具や時計、カメラ、楽器などを具体例として挙げている。

また、高市総務相は「ふるさと納税制度本来のすばらしい成果が無になることがないように、これからもそういった良い事例が増えていくようにという趣旨で、必要な対応だと考えています。」と語った。

総務省は今後、インターネットサイトなどを確認し、問題がある市区町村には直接、働きかけていくとしています。

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告