ドローン技術を求めるドローン専門求人サイト

ドローンの進化がすごい

ラジコンヘリではなくドローンとよばれるものが出始めて久しくなりますが、ドローンは驚くほど進化しています。

最近では、1台数千円から買うことができるものが販売されはじめハイテクなおもちゃとしてとらえられがちなドローンですが、一方では農作業や空撮などより専門的なドローンも登場しています。

ドローンが注目されはじめた事件とは

この専門的なドローンとしてのニーズが世界的に大きくなっている中で2015年に日本でひとつの大きな事件が起こりました。

それは2015年に首相官邸の屋上にドローンが侵入し墜落した事件です。

いつ、誰が、何の目的でどのようにして首相官邸上空に飛んできたのか。

まったくその経路がつかめなかった政府はドローンに対する危機感を強め、この事件を重く受け止めた政府は航空法を改正しました。

この法改正では人口密集地やイベント会場などの上空でドローンを飛ばす場合に国や自治体に対し許可や申請が必要とすることとなりました。

増え続けるドローンへのニーズ

非常に安価で迫力のある映像が撮れたりイベントなどでの集客力のあるドローンへのニーズは増え続け、国や自治体へドローンの飛行許可を求める許可や申請は年々増え続けておりそれと同時にドローンを使った新たなビジネスも生まれてきています。

ドローンの需要が高くなればなるほど、同時にドローンエンジニアへのニーズも高くなってきました。

また、ドローンが増え続ける中で市街地での墜落や事故が多発しており社会問題にもなっています。こうした事故を未然に防ぐためにも、適切な教育訓練の実施や安全飛行の徹底、まさかの時を補償するための保険加入が求められています。

ドローンの市場規模

2016年の日本国内のドローン関連市場規模は約200億円です。
2020年には5倍の約1,000 億円(インプレス)となる見込みです。

世界の市場規模を見ると、2020年に約1兆5,000億円(Research and Markets)になると予想されており、2017年以降の今後はドローン関連の市場規模が急激に拡大されると予想されています。

アメリカでは2025年までに10万人のドローン関連人材の新規雇用が生まれると言われており、日本でも5万人程度の新しい雇用の創出が予想されています。

このようにドローン関連のビジネスは急激な拡大が予想されています。

今はまだ想像もできないようなドローンを活用した新商品や新サービスが次々と誕生してくることが予測されます。

ドローンに特化した転職エージェント

そんな未来を見据えてドローン関連に特化したエージェントが誕生しはじめています。

今後急成長が期待される業界で、ドローン職種に特化した転職エージェントはドローン職種経験者は即戦力として希望職種への紹介を、未経験者は充実した教育体制でエキスパートを育成し未来をつくる人材を育成しています。

国内初!ドローン業種専門の人材派遣・紹介情報サイト【スカイエージェント】

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告