格安SIMとドコモ、au、softbankは何が違うのか?

格安SIMに興味があるけれど、ドコモやau、ソフトバンクと格安SIMの違いがわからなくて悩んでいる人は多いと思います。

わかってしまえば結局簡単な話なのですが、近くに詳しい人がいなくて聞くこともできない、聞いてはみたけれどイマイチよくわからなかった人はこの記事を読んでお得な格安SIMライフをはじめましょう。

まず、MVNOとよばれる格安SIM会社に対してドコモ、au、softbankを”キャリア”または”大手キャリア”と呼びます。

最近CMでよく見かけるY’mobile(ワイモバイル)はMVNOとキャリアの中間的存在で準キャリアとよばれたりします。

キャリアと格安SIMの大きな違いは月額料金の違い、でキャリアの月額料金の平均が約8,000~10,000円に対して、NVMOは2,000円程度です。(契約により異なります)

格安SIMのデメリットといわれるサービスですが、格安SIMのしくみを理解してしまえばキャリアのサービスは過剰で、むしろ不要に感じてしまうこともあるでしょう。

最初から難しい話をすると、ますます格安SIMに対する不安が多くなってしまいそうなので、簡単に説明します。

もし、今持っているスマホがドコモのスマホならドコモ系の格安SIMがそのまま使えます。

もし、今持っているスマホがauのスマホならau系の格安SIMがそのまま使えます。

もし、今持っているスマホがsoftbankのスマホならsoftbank系の格安SIMがそのまま使えます。

簡単に言うとこうなります。

ドコモ系の格安SIMだとDMMモバイル、au系の格安SIMだとUQモバイルがメジャーですが、IIJなどドコモのスマホもauのスマホも両方使えるという会社もあります。

今持っているスマホが使えるかどうかは、各会社のホームページに動作確認機種一覧などと公表されているので、気になる会社があれば簡単に調べることができます。

手続きはオンラインで行う会社がほとんどですが、必要事項を入力して申し込んだ後、送られてくるSIMを差し替えるだけなので難しいものではありません。

MNPでの転入も、先にキャリアからMNPでの転出用番号をもらい、格安SIMでの申込時にその番号を打ち込んで申し込めば、今までと同じ携帯電話番号のSIMが送られてきます。
転出用番号は電話やネットで簡単な手続きで発行してもらえます。

難しいと思い込んでいる格安SIMですが、簡単な手続きをするだけで月額約6,000円、年間にすると約80,000円の節約になります。

さらに詳しい手続きは各社のホームページで確認することができます。

私はドコモのガラケーと格安SIMを使っています。 いわゆる2台持ちとよばれるもので、通話するときはガラケーを使い、ネットなどデ...

UQモバイル

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告