パソコンを買うのはヤフオク?それとも…

パソコン市場の低迷

スマホやタブレットの登場で、パソコンの出荷台数は2016年は微増したものの2010年をピークに低迷し続けています。

ネットニュースを見る、メールをチェックするなどはスマホやタブレットの方が使い勝手がいいのですが、年に数回パソコンが必要なときがあります。

そな普段は必要ないけれど、ないと不便なパソコンですがWindows XPやVistaのサポート終了で買い替えを考えている人も多いはずです。
スペック的にはまだまだ使えるパソコンでも、新たにOSを単体でアップグレードするよりパソコン自体を買い換えてしまう方がもったいないようですがお得です。

しかし、パソコンを新品で買い換えようとすると最低でも40,000円ほどはかかってしまいます。人気のパソコンとなるとさらに高くなり、60,000円~80,000円ほどしてしまいます。

市場の低迷もあってかパソコンの中古市場は以前に比べて低価格化が進んでおり、CPUがcore i3やi5、windows10搭載のものでも20,000円程度から買うことができます。

多少のリスクはありますが、ヤフオクなどの個人売買になるともう少し安くなり、同スペックのパソコンが10,000円以下で取引されています。

中古や個人売買はどうも苦手だという人には、インターネット回線を契約することによってパソコンが0円で手に入る方法があります。

これは提携しているインターネットに契約する事で、インターネット回線業者からの紹介料を割引という形で還元してくれるサービスです。

家電量販店でインターネットを契約すると数万円のキャッシュバックがもらえるサービスと同じですが、商品購入でインターネット回線も同時に契約できるので面倒な手続きが不要になる分、こちらの方が楽チンです。

パソコン以外にもスマホやplaystation4、ニンテンドー3DSなどのゲーム、液晶テレビなどの家電を選ぶこともできます。

パソコンに関しては、TOSHIBA dynabookからSONY VAIO、acer、ASUSなど品揃えも豊富でスペックやデザインなどから自分のお気に入りのパソコンを選ぶことができます。

進学、就職などでパソコンが必要になる人にもうれしいサービスです。

ヤフオクで多少のリスクがあっても安く買うか、多少高くても安心を買うか、どちらもかしこい選択です。

0円パソコン

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告