気になるMVNO格安SIM会社を比較5社+1社

契約数を伸ばしているMVNOと呼ばれる格安SIMですが、一体どこがいいのでしょうか?

気になる5社+1社の特徴や料金を見てみましょう。

mineo(マイネオ)

ドコモ、au、SIMフリーのスマホが使えます。
プランは、通話+データ通信のデュアルプランが1,400円/500MB/月から
1,400円/500MB
1,500円/1GB
1,600円/3GB
2,280円/5GB
3,220円/10GB
の5種類

専用アプリmineoダイヤルを使って発信する5分以内の国内通話が月額850円の定額でかけ放題となるプランもあります。

余ったパケットを友達と分け合える「パケットギフト」サービスもあるので余ったパケットも無駄になりません。

NUROMOBILE(ニューロモバイル)

毎月の通話+データ通信のプランは、1,400円/2GBから3,000円/10GBまで1GB刻みのプランがあります。
この他に3,200円で1日5時間使い放題のプランもあり、毎月自分がどれだけ、どのように使うかを把握している人は自分にぴったりのプランを探すことができます。

月額800円で5分以内の通話がかけ放題となるプランもあります。

U-mobile(ユーモバイル)

ドコモ、SIMフリーのスマホが使えます。
毎月の通話+データ通信のプランは1GBまでなら1,480円のプランから10分間の通話がかけ放題となる2GB1,980円のプランや2,780円でLTEが使い放題となるプランなど、豊富なプランから自分に合ったプランを選ぶことができます。
2,880円で大容量25GBのプランもあります。

ソフトバンクのスマホが使えるプランもあります。

NifMo(ニフモ)by nifty

毎月の通話+データ通信のプランは640円/1.11GBから2,800円/13GBまでのプランがあります。

スマホ(arrows M03)とのセット申込で毎月の料金がお得になる割引が適用されるセット割があります。

DMM(ディーエムエム)モバイル

ドコモ、SIMフリーのスマホが使えます。
の毎月の通話+データ通信のプランは低速ですが、料金を抑えた1,140円のプランから4,680円/20GBのプランまで豊富にあります。

通信制限がかかっても、はじめの一定量を高速で読み込む「バースト機能」
があります。

通信容量を同一契約SIMで分け合うシェアコースがあります。

850円の定額で5分以内の通話がかけ放題になるかけ放題プランもあります。

Uqmobile(ユーキューモバイル)

au、ドコモ、ソフトバンク、SIMフリーのスマホが使えます。
毎月の通話+データ通信のプランは5分以内の通話が無料になるプランか60分の通話が無料になるプランのどちらかを選んで通信容量2GBまで1,980円のプランからあります。

料金が14ヶ月目以降や26ヶ月目以降変更になったり、2年間の自動更新となるので注意が必要です。

格安SIMに興味があるけれど、ドコモやau、ソフトバンクと格安SIMの違いがわからなくて悩んでいる人は多いと思います。 わかっ...
スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告