PCX(JF81)にグリップヒーターを取り付ける時はここに注意

Amazonで1,000円offのクーポンを使って購入したグリップヒーターですが、ヒヤヒヤしながらも無事配達予定日に届きました。

今回のグリップヒーターは前車(JF28)と同じキジマのGH08です。

もっともっと安いものもありますが、5,000円ほどですし実績もありますので、安心して購入に至りました。

そして、いざ取り付けです。

これからグリップヒーターを取り付けるという方のために、注意することはこの2点です!

まずは、1点目。

スロットルパイプは純正を再利用することができますが、滑り止めのイボイボをカッターで削らなければいけません。

やってできなくはないですが、社外品のスロットルパイプを買っておいた方がいいです。

わたしの場合、スロットルパイプを買い忘れて近所のバイク用品店を2店舗まわりましたが、在庫がなく純正のスロットルパイプを40分ほどかけて削りました。

時間を買うつもりで、買っておいた方がいいです。

2点目は、高いものでなくていいのでテスターは準備しておいた方がいいです。

グリップヒーターの電源をとる時に重宝します。

わたしの場合、これが電源線だと確信し配線したものの、グリップヒーターの電源がは入らず何度もやり直した結果、ただの接触不良だということがわかりました。

テスターがあれば、悩むこともありませんでした。

乗っているバイクの買取相場を見てみる
スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告

コメント

  1. Mr.PCX より:

    はじめまして。 いつも楽しく拝見させて頂いてます。グリップヒーターの電源は
    専用のカップラーがフロントカバー裏に
    ありますよ。「みんなみ」などで
    ちょっと調べればヒットしますから
    テスターは不要ですよ。

    • master より:

      Mr.PCX様

      コメントありがとうございます。
      グリップヒーターの取り付けには、テスター不要のようですね。
      大変参考になりました。
      これからもよろしくお願いします。