【スクーター】オイル交換のタイミングはいつなのか?【125cc】

オイル交換のタイミングは難しい

オイル交換のタイミングは非常に難しいですね。
でも、オイル交換の目安としては走行距離か期間しかないんです。

3,000キロや5,000キロなど、ある一定の走行距離で交換するのか、半年や1年など期間で交換するのか。

軽く調べても何百万件と出てくるのですが、結局のところは人それぞれの乗り方や走り方で変わってくるので、一概に何千kmで交換や何ヶ月で交換ということができません。

ただし、メーカーは6,000キロ毎のオイル交換を推奨(ホンダの場合)しているので、走行距離が6,000キロを超えないようにオイル交換をするようにはしましょう。

結論としては、6,000キロを超えないようにオイル交換をすればいいのですが、すべての125ccスクーターが6,000キロ毎のオイル交換でいいのかというとそういうわけではありません。

一般的な乗り方であれば…

6,000キロ毎のオイル交換は、あくまで一般的な乗り方であれば…というのが大前提です。

では、一般的な乗り方とはどんな走り方なのでしょうか?

メーカーからは、一般的な乗り方の定義はされていませんが、シビアコンディションというアナウンスがあります。

シビアコンディションとは一般的な使われ方よりも厳しい状態でバイクが使われることで、
1.悪路(凸凹路、砂利道、雪道、未舗装路など)の走行が多い(全走行の30%以上を占める)
2.走行距離が多い(3,000km/6ヶ月)
3.山道、上降坂路での走行が多い(全走行の30%以上を占める)
場合をいいます。

このような厳しい使い方をしている場合は、6,000kmより早いサイクルでのオイル交換をすることが望ましいと
なっています。

つまり、一般的な乗り方であれば6,000キロ毎にオイル交換を行ってください。そうでない場合(シビアコンディション)は6,000キロより早いサイクルでオイル交換を行ってください。ということです。

たとえば、私の場合は、毎月1,500キロほど走行するので、半年で9,000キロほど走行することになります。

これは2.の走行距離が多いに該当します。

この走行距離は、シビアコンディションの3倍ほど多いのですが、オイル交換は6,000キロの半分の3,000キロ毎に交換しています。

なぜ3,000キロ毎かというと、PCXに乗り始めた頃は1,000キロ毎にオイル交換をしていたのですが、1,000キロ毎だと毎月オイル交換をすることになり、毎月行くのが面倒になりました。

そして、1,000キロが2,000キロ、2,000キロが3,000キロとオイル交換のサイクルが少しずつ長くなり、特に意味はないのですが今の3,000キロ毎で落ち着きました。

オイル交換のサイクルは短ければ短いほどいいわけですが、手間やコストなど自分の乗り方に合ったサイクルで交換しましょう。

乗っているバイクの買取相場を見てみる
スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告