給湯器のリモコンを無償で交換してもらいました

2015年念12月に20年間使い続けた給湯器を買い替えました

結果的にちょうど20年使った給湯器なのですが、突然電源が落ちたり自動お湯はりができなくなってしまいました。

お湯はりをしたはずなのに、お風呂に入ろうとしたらお湯がない。

シャワーを使っていたら、シャワーのお湯が急に水になる。

そんなことが何度かあって、不便ではあったのですが何とかお湯は出ていたのでだましだまし使っていました。

しかし、年末が近くなり完全に壊れて年末年始にまったくお湯が出なくなってしまうと、買い換えようとしても業者さんもお休みになっています。

そうなると年末年始の長い間、お風呂が使えなくなるので思い切って買い換えることにしました。

新しく買い換えたノーリツ製給湯器のガス代の安さに驚いていましたが、取り替えてから約半年がたったころからどうも調子が悪くなりました。

我が家の給湯器は、台所にメインリモコンとお風呂の2ヶ所にリモコンがあり、お風呂のお湯はりができる一般的な給湯器です。

調子が悪いことに気づいたのは、お風呂に入ったときにまずお湯がぬるいことに気がつきました。

しかし、その時はお風呂のふたが閉まっていなかったことと、お湯はりをしてから時間がたっていたのでお湯が冷めてしまったのかな?程度で深くは考えまていませんでした。

それにしてもお風呂のお湯がぬるいので、追いだきをしようと”追いだき”ボタンを押したときに異変に気がつきました。

通常、電源を入れたり何かボタン操作をすると液晶表示が消えていても液晶がつくのですが、追いだきボタンを押しても液晶が消えたままだったのです。

これはおかしいと思い、他のボタンをいろいろ押してみましたが液晶は消えたままいっこうにつきません。

いろいろボタンを押していてわかったことは、液晶は消えていますがどうも電源やお湯の温度設定などのボタンはきちんと反応しているようです。

これは液晶単体の故障かなと思いましたが、追いだきボタンを押しても追いだきができません。

正確には、追いだきボタンを押しても追いだきをはじめますが、火がつかないような感じてすぐにキャンセルされてしまいます。

何かがおかしいとは思っていましたが、その日は何か給湯器おかしいね、で済ませました。

翌日のお湯はりも昨日同様にぬるく、これはさすがに故障だということでノーリツの24時間対応の専用ダイヤルへ連絡することにしました。

サービスセンターへ連絡

サービスダイヤルは24時間対応といいながら本当につながるのか不安でしたが、23時頃にもかかわらず数分待っただけでつながりました。

オペレーターの方に

  • リモコンの液晶が消えている。
  • ボタンはどうも反応しているようだ。
  • シャワーのお湯は出る。
  • 自動お湯はりのときの温度が低い。
  • 追いだきができない。

ことを伝えましたが、時間的にこの電話では修理の受け付けをすることしかできないということで、翌日に担当のサービス店から詳しい訪問時間などについて電話をしますということで電話を切りました。

約束どおり翌日、サービス店から電話があり週末に修理に来てもらえることになりました。

変な故障だと思ったのですが、電話での担当者の受け答えの感じからはよくある故障っぽい感じてした。

修理費用についても、保証期間内ということで無料で修理することができるということを聞き、安心しました。

前の給湯器は20年間不具合なしだったのに、今回の給湯器は交換後約半年で故障してしまい、やはり最近の製品は昔のものに比べて壊れやすいのかと思われる方もいるかもしれませんが、最近の製品は電子部品がたくさん使われているので故障する確率も高くなります。

修理まで何日かありましたが、液晶が消えていることと自動お湯はりと追いだきが出来ないこと以外、特に困ることはなく修理の日まで待ちました。

リモコン本体の故障でした

修理の内容としては、お風呂の中のリモコンの交換ということで、リモコン交換をしてもらいました。作業は非常に手際がよくは30分ほどで完了しました。

新しいリモコンになり液晶が表示されてわかったのですが、不具合の原因はお風呂の設定温度が33℃になっており、そのせいでお湯はりと追いだきの温度が低くなっていたようです。

つまり、追いだきができなかったのではなく、33℃に合わせて追いだきをしていたので追いだきができないと思い込んでいたのです。

【給湯器の交換】≪最大81%OFF≫本体・リモコン・基本工事費込みで激安
スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告